教育部について

 教育部はクラスを単位に生活しています。初めての保育を伴う教育として、集団的な活動を基本に、一人一人の良さや興味関心を大切にしています。令和2年度は、ミッキー組(満3歳児)、ミニー組(満3歳児・9月よりスタート)から、年少3学級、年中4学級、年長4学級の計13学級があり、3歳から5歳の子が元気に保育活動をしています。

【重点目標】『がんばる子 やさしい子』を目指して

  がんばる子は、困難な事や嫌だと思う事に対して、泣いたり弱音を吐かずに、自分でやろうとする心の強い子どもです。やさしい子は、友達と仲良くしやさしい言葉や態度で接することの出来る子どもです。仏様の教えにあります「自己の確立」と「慈悲の心」でもあります。青島こども園では、この二つの心(姿をバランスよく育てていきます。

 以上の重点目標の具現化のために、様々な手立てを考えています。青島こども園教育部では、毎年、以下のような取り組みを通して、進めています。

 夢中で遊べる時間とゆとりを大切にします

  子どもの遊びは、学びの場でもあります。自分のやりたい遊びを見つけ、遊ぶことで意欲的な子どもを育てます。遊びの中から、創造性や思考力の初歩的な基礎を培うように考えています。また、集団の良さを保育活動の中に計画的に取り入れ、子ども同士の関わり合いのある学び合いを意図的に実践しています。 

 自園給食で食育に取り組んでいます

 本園は、自園給食を実施しています。栄養ある食材を調理し、毎日子ども達に提供する中で、食育を幅広く考えていきます。特に主食のご飯は、胚芽が残る五分つき米や麦ごはんなどで提供しています。また、毎日いただく物に対する感謝の気持ちを大切にしています。旬の食べ物や行事食からも、季節の移り変わりを感じる心を育てています。子ども達が協力し合い、手際の良い配膳・片付けなどのお手伝い活動(給食当番さん)も大切にしています。

 ひとりひとりのよさ、その子らしさを大切にします

 保育活動は、遊びであり学びでもあります。ひとりひとりが活動を通して、表現していく楽しさを身につけ、自分らしく学びを発揮していけるように支援しています。

 クラスの枠を越えて子供達を見守っています 
子ども同士の異年齢の関わりも大切にしています。 学級の枠や、年齢の差を越えた子供同士の心の交流を大切にしています。また、職員も温かなチームワークで子供達を支援しています。

 ちびっこ菜園で栽培・収穫を実体食物への感謝の心を大切にしています

 野菜を植え、水やりや草抜きをすることで、自分で育てるという意識を持ち、収穫する喜びが増していきます。 自分達で作った物を食べる事から、多くの事を学びます。物を育てる活動も大切な食育経験と考えています。

 自分でやろう”とする意欲的な心を支援します

 子どもが、「やりたい!やってみよう!」 と思う心を大切にした保育教育に努めます。

 ゆとりある保育教育の中で輝く個性や感性を大切にします

 年間を通して様々なカリキュラム(保育教育計画)を組み、一年ごとの積み重ねを大切にした保育教育を行 っています。そのために、ゆとりのある生活や時間を保証してあげ、創造性に富んだ豊かな個性や感性を育んでいきます。